人間の心理

私たちは日常の中でよくSNSを利用します。それらはなくてはならないコミュニケーションツールとなっており、生活の中で重要な役割をはたしています。なぜこれらを私達は利用するのでしょうか?何を私達にもたらしてくれるのでしょうか?SNSといえばすぐ思い浮かぶであろう3つInstagram、Twitter、Facebookの使用心理と高校生がどのように使い分けているかを紹介します。

Instagram

写真を載せることがメインである、一番使用頻度の高いSNSです。

インスタ映えがよく聞かれると思うのですが高校生の間ではInstagramの機能の一つであるストーリー映えが流行っています。ストーリーには質問を募集したり、アンケートをとる機能がついています。
最近流行中なのはアンケート機能を使ってコメントをするDESCRIBEです。

DESCRIBEとは

1.アンケートをストーリーでとる

2.投票した人に一言返す

またInstagramはほかのSNSにくらべ、日本にいるのに海外の人と繋がりやすいことが特徴です。友人から会ったことのない人まで交流の幅が広く、多くの情報を得ることができます。外国の日常やおしゃれでハイセンスなものや可愛らしいもの、かっこいいものが多いので憧れるものや行ってみたい所を見つけられます。友達とのコミュニケーションや流行を知る手段として、また愚痴などを明るくストーリーにのせ発散する手段として、私たちはインスタグラムを使います。楽しい思い出を共有し、アピールすることに使うこともあります。

Twitter

Instagramの次によく使用するSNSです。Instagramとの大きな違いはたった一言からでも発信できるところです。きれいな写真など必要なくまた匿名性が高いことから色々な投稿が見られます。宗教や政治、悪口や不満、自慢、趣味など多様です。高校生がTwitterを使う主な理由は趣味の情報集めや同じ趣味の人とつながること、Instagramはハードルが高く手を出せないから使うで、特にアイドルやバンド、アニメなど自分と同じ趣味をもつ人を見つけ、交流するために使う人が多いです。ライブやグッズ、テレビの出演情報などもTwitterで探します。Twitterで知り合った人とイベントに行く事も珍しくありません。簡単に知り合えるにも関わらずInstagramなどに比べて相手の日常が見えにくいので、Twitterによって事件に巻きこまれる事も多く考えて使うべきSNSです。

Facebook

高校生の間では全くといっていいほど使いませんが海外の人とコミュニケーションをとるのにはとても便利です。最近利用者が減っていると言われていますが、海外では未だにインスタグラムではなくFacebookを使っている人は多いです。だから海外で知り合った人とのコミュニケーション手段として活用しています。 また小さいお店はFacebookに情報を載せるので、そういうときのみ使います。

SNSを手放せなくなる理由とは?

私たちは技術の発展によりどこでも誰でもおしゃれでかわいい写真をとることができるようになりました。そして、SNSはそれを赤の他人に簡単に見せることを可能にしました。年齢も人種も関係なくコミュニケーションを取れ、とても便利です。SNSを見ていると憧れる写真が多く存在します。とても見ることは楽しいです。また、SNS、主にInstagram、に投稿をする人の心理はどのようなものなのでしょうか?綺麗なものや可愛いものをあげることで他人に褒められ、憧れられます。それは、コメントに羨ましい!や凄い!などをもたらします。こうしたコメントがつくと自分の価値が上がったと思うことができ承認欲求を満たすことができます。認められたい気持ちをSNSの投稿により満たすのです。また人間の持つ変身欲求を満たす加工アプリにより可愛くなった自分をインスタグラムに載せます。そうすると褒められ満足感を得ることができます。褒められることは気持ち良いですよね。ほとんどの投稿の買ったものや友達との出来事は、楽しい充実していることをアピールすることが目的です。簡単に自己表現出来ることが多くの人が手放せなくなる理由だと考えます。